白癬 未分類

シラクモ(頭部白癬)

 

頭髪にカビが侵入して病気を起こす症状を頭部白癬と呼び、一般的にはシラクモとよばれています。

シラクモは戦後までは日本ではありふれた病気でしたが、この病気は1960年頃から、日本から殆ど見られなくなりました。

50歳以上の方は小学生くらいの時にかかったり、見たことがあるかもしれません。

しかし、20年ほど前から少しづつ増えてきているようです。
これはシラクモの原因菌のカビの種類が変わったためです。

しかも、長い間シラクモがみられない期間が続いたために医者のほうもシラクモであることを念頭に置いていないうえ、症状も教科書にあるものとは変わってきています。
そのため皮膚科にいったのに誤診される可能性があるのです。

 

 

 

症状

シラクモでは頭髪が、円形に脱毛したり、短く切れたりして、その部分にカサカサした細かい鱗屑がついています。
毛が抜けたところ(脱毛巣)は、何カ所か同時にできることが多いものです。

かゆみはありあません。
その場所に残っている切れた頭髪を引っ張ってみると、簡単に抜けてくることが多く、その毛を顕微鏡で見てみると、毛の中または毛の外がわにたっぷりと皮膚糸状菌の胞子や菌糸を見ることができます。

また、顔面や首、体などにカサカサした円形の赤い跡があちこちに多発するのが特徴です。

 

 

特殊型

黒点状白癬というシラクモの特殊なものがあります。
これは菫色菌(トリコフィトン・ビオラセウム)とか、まれに噴火ロ状白癬菌 (トリコフィトン・トンスランス) といった、毛の中に寄生する性質を持った比較的例数の少ない白癬菌によっておこる場合にみられるものです。

毛穴と一致した黒い点だけがみられ、かゆみもないために長い間気づかずにいることが多いものです。

黒い点のようなものをよく見てみると、毛が皮膚の表面で切れてらせん状に渦巻いています。
このときの毛の中は白癬菌の胞子でいっぱいです。

 

脂漏性皮膚炎も似てるけど違います。

脂漏性皮膚炎でも脱毛が起きることがありますが、円形脱毛はみられません。
また顔面に左右対象に落屑性紅斑が見られることが特徴です。

-白癬, 未分類
-

© 2020 水虫卒業