ケトコナゾール

ケトコナゾールスプレー (Funginox)

 

真菌症の治療に使用されるイミダゾール系合成抗真菌薬の一つであるケトコナゾールが有効成分のスプレータイプです。

 

ケトコナゾール

真菌の細胞膜や酵素の成分であるエルゴステロール合成を阻害することによって殺菌的に作用します。

人間の細胞膜の構成成分はコレステロールでエルゴステロールは使用していない。
そのため真菌には効いて、人間の細胞には悪影響がないのです。

クリームとローションは販売されていますが、日本では内服薬の承認はされていません。
海外では錠剤やケトコナゾール含有ふけ取りシャンプーが市販されています。

カンジダ・アルビカンスを含むケトコナゾール耐性菌が多数確認されています。
アゾール系があまり効かないタイプの菌が存在するということです。

フルコナゾールやイトラコナゾールの方が細胞膜への親和性が高く、殺真菌作用は強いようです。

 

特徴

外用剤は通常、皮膚、粘膜の真菌感染症(白癬、カンジダ症、癜風等)に処方されます。

こんな症状に使えます

白癬

カンジダ症

  • 指間糜爛症(しかんびらんしょう)
  • 間擦疹(かんさつしん)
  • 乳児寄生菌性紅斑
  • 爪囲炎
  • 皮膚カンジダ症
  • 外陰部カンジダ症

癜風

 

脂漏性皮膚炎

唯一”脂漏性皮膚炎”の適応があります。
真菌の一種マラセチアが関係するフケや体部脂漏性湿疹に対して皮膚の菌を抑える為にも使われます。

ローションタイプである

液状タイプの特徴は、薬剤の浸透性の高さと使用感の良さが特徴ですが、そのほとんどにアルコールが含まれるため、乾燥しすぎる、かぶれやすいといった欠点があります。

 

副作用

ケトコナゾール外用剤の副作用発現率は製造販売後の調査では3.5%でした。

主な副作用

  • 接触皮膚炎(1.5%)
  • 瘙痒(0.9%)
  • 投与部位発赤(0.7%)
  • 投与部位刺激感(0.5%)

妊婦が使用した場合の安全性は確立していません。

 

ファンギノックスソリューション

液体は赤色で衣類や紙につくとシミが残るので気を付けましょう。
ケトコナゾールの特に良いところは唯一”脂漏性皮膚炎”に適応があるところです。

 

内容量 1本 25ml
価格 1,948円

-ケトコナゾール
-

Copyright© 水虫卒業 , 2020 All Rights Reserved.