テルビナフィン

ラミシール(ジェネリック)

爪白癬(つめはくせん)など真菌が原因の皮膚病に使用し、皮膚や爪のカビが増えるのを抑え感染を治療する薬で、飲むタイプの抗真菌薬です。

有効成分にテルビナフィンを含有しています。

 

テルビナフィン

人と同じように真菌にも細胞膜が存在します。
しかし、人間の細胞膜の主な成分はコレステロールであるのに対して、白癬菌をはじめとする主な真菌の細胞膜の主要構成成分はエルゴステロールである。

そこでテルビナフィンはエルゴステロールの生合成にはたらく酵素反応を阻害することで、真菌の細胞膜合成障害を起こして静菌的、または殺菌的に作用している。

アリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。

 

特徴

テルビナフィンは、幅広く真菌に効果があり、特に水虫の原因菌である白癬菌に対して強力な殺真菌作用を示します。

 

よく効く

真菌細胞内への移行性に優れていて、低濃度でも真菌に強い殺菌力があります。

白癬に対する内服療法としても多く活用されています。
治癒率が高いのも特徴です。

 

しつこい足白癬や爪白癬にも効果的

1日125mg 1回の服用

爪真菌症、角質増殖型手・足白癬にも高い効果を発揮します。

テルビナフィンは爪母、爪床の両方から真菌に到達します。

血中濃度が低下しても2~3週間は皮膚に、2カ月以上は爪に有効濃度で貯留することにより殺菌的に作用することができます。

飲むのをやめても効果が持続しているということですね。

 

価格が安い

イトラコナゾールにくらべて安価である。

爪水虫なんかは長期間継続して飲み続けることが大切なので、価格が安いということはお財布に優しいので続けやすいということになります。

 

併用禁忌が少ない

この薬と一緒に服用してはいけません。というものとても少ないことが特徴です。
持病がある人でも使える可能性がでてきます。

ただし全体的に副作用は少ないが、致命的なものの報告があります。
死亡例や肝機能障害が起こることもある。

きちんと持病については把握しておいた方がいいでしょう。

 

服用期間が長い

服用期間がイトラコナゾールに比べて長いなどの短所がある。

イトラコナゾールは服用が約3カ月であるが、テルビナフィンは3~6か月の服用が必要である。

 

タービシル(Terbisil)

内容量 1箱 28錠
テルビナフィン含有量 250mg

 

 

テルビシップ(Terbicip)

内容量 1箱 7錠 4箱セット
(全28錠)
テルビナフィン含有量 250mg

テルビシップはラミシールのジェネリックです。
7錠で1箱という小分けになっています。
注文すると4箱届きます。

 

 

テルビフェイス(Terbiface)

内容量 1箱 7錠 4箱セット
(全28錠)
テルビナフィン含有量 250mg

 

 

 

テルビフェイス

内容量 1箱 7錠 4箱セット
(全28錠)
テルビナフィン含有量 500mg

1錠あたり500mgの有効成分なので、ピルカッターなどで錠剤を割る必要があるが費用を抑えることができます。

-テルビナフィン
-

© 2021 水虫卒業